bleague.jp
MENU

ベルテックス静岡 プロバスケットボールチームVELTEX静岡

VELTEX SHIZUOKA

MENU
HOME > ホームタウン活動 > 【静岡市長表敬訪問】静岡市役所へ 2020-21シーズン終了報告 田辺市長静岡 訪問

【静岡市長表敬訪問】静岡市役所へ 2020-21シーズン終了報告 田辺市長静岡 訪問

2021年6月14日(月)、6月上旬に終了したシーズンの終了報告のため静岡市へ表敬訪問しました。
会場には、田辺信宏 静岡市長、ベルテックス静岡より松永康太 代表取締役社長、#0 大澤 歩選手、#1 大石慎之介選手、#92 村越圭佑選手が出席いたしました。

 

代表取締役社長 松永康太 挨拶  


6月6日(日)に最終節、アウェイでの岡山戦を終え2020-21シーズンが終了いたしました。  
 ベルテックス静岡発足後2年目の今シーズン、例年より開始試合数は例年より20試合少なく、また、試合会場の入場者数の制限はあったものの、初めてシーズンを駆け抜け、ピリオドを打つことができました。

今シーズンは新型コロナウイルスの影響により苦しいシーズンではありましたが、田辺市長はじめとする、行政関係者の皆様、パートナー企業様、報道関係者様、そして多大なるご支援のおかけで無事シーズンを終えることができました。  

 結果としましては、昨シーズンの12チーム中10位という結果から飛躍し、11チーム中4位という結果を残すことが出来ました。最終節まで結果が分からない拮抗した戦いができたということはチームとしても成長できたのではないかと思っています。
 

#0 大澤歩 選手 挨拶


 ベルテックス静岡は、今シーズン優勝という目標を掲げて全員で戦ってきたのですが、成績は4位という結果で終わりました。1年目より、2年目と成績を伸ばすことができたのも日頃より応援してくださる皆様のおかげだと思っています。 

 ベルテックス静岡として、3年目となる来シーズンは、より良い成績を残せるよう頑張っていきますので、引き続きご支援、ご声援の程よろしくお願いいたします。
 

# 1大石慎之介選手 挨拶


今シーズン、コロナ禍ではありましたが、全20節計40試合を戦い抜くことができたことは、選手としてとても嬉しく思っています。昨シーズンは新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断となり、今シーズンいつ開幕できるかという不安はありましたが、ホームゲーム全20試合はお客様をお迎えして試合ができたこと本当に良かったと思います。   
 
 また昨シーズンより、順位を上げることはできましたが、チーム始動時から目標としていた優勝を達成することはできませんでした。
ベルテックス静岡は来シーズンで3年目を迎えますが、優勝という目標を達成するために、皆さんのお力をお借りして、僕たちだけでなく、みなさんと一緒にベルテックス静岡を築き上げていきたいと思っています。 今シーズン本当にありがとうございました。
 

#92 村越圭佑選手


優勝という目標を掲げて始まったシーズンでしたが、順位としては4位という結果で終わってしまい目標には届かなかったのですが、昨シーズンより順位を上げることができました。

 またコロナ禍ではありながら、全40試合を開催することができ、クラブやファンの皆さんの中から感染者を1人も出すことなくシーズンを戦い抜けたことは良かったと感じています。

 新型コロナウイルスの影響により、来シーズンがどのような試合日程になるか、また、入場制限がどうなるかまだ不明確な部分がありますが、また最後まで走りきれるように、準備していきたいと思います。 改めまして今シーズン、たくさんのご支援、ご声援ありがとうございました。
 

田辺信宏 静岡市長 ご挨拶


 本日はお越しいただきましてありがとうございます。 今年は本当に大躍進の年だったと思います。今シーズンは優勝という目標を掲げ、その目標に向かって戦った結果、昨シーズンの10位という結果から4位という成績を残せたのは大変な躍進だったのではないでしょうか。

 コロナ禍でのクラブ経営も大変苦しかったと思いますが、選手の皆様はよく頑張ってくださったということで敬意を表すと共に、私たち静岡市も、器づくりを益々検討していきたいと思っております。
 来シーズンにつきましても、精進をされますことを期待しております。お疲れ様でした。