bleague.jp
MENU

ベルテックス静岡 プロバスケットボールチームVELTEX静岡

VELTEX SHIZUOKA

MENU
HOME > ニュース > # 92 村越圭佑選手 入団記者会見レポート

# 92 村越圭佑選手 入団記者会見レポート

2020年6月25日、村越圭佑 選手(現:アースフレンズ東京Z) 入団記者会見を行いました。

当日は、パートナー企業である株式会社エス・トラストが運営するスポーツダイニング「THE SIX」を会場としてお貸しいただきました。 
また、新型コロナウイルス感染症対策として選手・スタッフ・記者の方々の検温を、株式会社アースシフトの「AI検温モニタ」にて実施させていただきました。 


 


#92 村越圭佑選手 会見コメント


 


皆さん、こんにちは。このたび、アースフレンズ東京Z(B2)より移籍してきました村越圭佑と申します。 今回ベルテックス静岡では、2年契約を結びました。
来季のレギュレーション上、B3からB2への昇格がないという条件になっていますが、チームとしても個人としても、しっかりと準備出来る期間になるのではないかなと思っています。

まずは、2020-21シーズン、昇格はないですが優勝を目指し、チームの成長とともに、個人のパフォーマンスを磨いて翌年に挑み、2021-22「B3優勝、B2昇格」を目指して取り組んでいきたいと考えています。

僕自身、中学生までの時間を、ここ静岡で過ごしていました。
高校からは、親元を離れ、福岡県にある福岡大学附属大濠高等学校に進学し、筑波大学を経て、卒業と同時にアースフレンズ東京Zでプレーをしていたため、11年近く静岡を離れていました。

 

▲福岡大学附属大濠高等学校 在籍時
 

▲筑波大学 在籍時

▲アースフレンズ東京Z在籍時
©︎EARTHFRIENDA TOKYO Z/S.Ohmura


そんな中、いつか静岡に戻って、地元の子どもたちや、地元の人のために僕にも何かできることがあるのではないかという気持ちがずっと心の中にありました。

また高校に進学する際、お世話になった方からは「将来は必ず、静岡に戻ってきて静岡のバスケットの為に貢献するように」と話しをしてもらったことがあったんです。その話を思い出し、今がそのタイミングになるのではないかと思いました。

まずは、地元を離れていた分、僕なりに他で得てきたものがあると思っているので、それを生かして、子供たちや学生たちに還元していくとともに、憧れや目標になれるような選手になりたいです。 
そして、同じ静岡出身である、大石さんや大澤さんと、静岡をより盛り上げていきたいです。

ここから成長した姿を、今までお世話になった方々に、ここ静岡の地で見てもらえたらと思っていますので、個人としても、チームとしても成長して3年後、B2の舞台で戦えるようにしっかりと取り組んでいきたいです。

 


代表取締役社長 松永康太コメント


 


実は、村越選手には、2019-20シーズンよりオファーをさせていただいておりました。
そして今回、2年越しに契約を結ぶ運びとなり、また夢が1つ叶ったと思っています。
村越選手が静岡の為に戻ってきてくれたことによって、来シーズン、昇格はないですが優勝をともに目指し、ワクワクするチームをつくっていきたいという所存でございます。
 


選手会長 #1 大石慎之介選手 会見コメント


 


全国的に見て静岡は、バスケットがあまり強くはないですが、県外に出てしまった選手を含め、静岡県出身の選手の個々の力はすごくあると思っています。
彼のような選手が静岡に帰ってきてくれるというのは、すごく嬉しく思いますし、地元出身の選手が活躍することで、「地元のチームに入りたい」「ベルテックス静岡の試合を見に行きたい」と思ってくれる子どもたちが増えると思っています。

また、静岡出身の選手を中心にホームタウンを盛り上げ、優勝を目指して、ステップアップしていきたいと思っていますので、来シーズンも村越選手、そして、ベルテックス静岡の応援をお願いします。
ぜひ愛称「ムラコ」と皆さん呼んであげてください。
 


キャプテン #0 大澤 歩選手 会見コメント


 


静岡出身である村越選手がこうして地元に戻ってきてくれたことで、より一層静岡のバスケを盛り上げていけると思っています。
身長も大きいですし、肩幅も広いので、ゴール付近では暴れてくれるのではないかと思いますし、見た目の誠実な印象そのままに真面目な選手なので、ぜひ期待していただきたいです。

また来シーズン、昇格はないですが優勝、そして翌シーズンは2年連続優勝、B2昇格を目指して成長していきたいと思っておりますので、引き続きベルテックス静岡へのご声援よろしくお願いいたします。


会見Q&A


 


ーーベルテックス静岡の印象は?
ディフェンスもオフェンスもすごくアグレッシブに取り組んでいくチームだと感じています。

ーー2年越し入団の経緯とはどういったものでしたか?
昨シーズンよりオファーをいただいていたのですが、その時はまだ、アースフレンズ東京Zに所属していた3シーズンで何か結果を残せていたかというとそうではなかったように感じていました。
また、チームを応援してくださっている地元企業の皆さんや、ファンの皆さんの声に結果で応えたいという思いが、すごく強く心の中にあり、お断りさせていただきまいた。

ですが今年、強化編成担当の竹原さん及び松永さんにすごく熱心に声をかけていただき、僕を本当に必要としてくれているという熱意を強く感じましたし、自分自身でも、いずれは地元静岡に戻りたいという想いがありました。
B2からB3へ移籍する不安は正直ありましたが、それを抜きに考えたとき、自分がどこで頑張りたいと強く思えるかという気持ちを一番に考えたら、やはり地元である静岡で頑張りたいなと思い来シーズン、ベルテックス静岡への移籍を決めました。

ーー背番号「92」の理由は何ですか?
福岡大学附属大濠高等学校の恩師である田中國明先生が愛称で 「クニ」と呼ばれており、とてもお世話になったので、そこから クニ=92番をつけさせていただきました。

ーー11年ぶりに静岡に戻ってきて、印象はいかがですか?
年に1度は帰省していましたが、静岡駅前なんかは、帰省の度に新しい建物ができていたり、新しいお店が増えたり浦島太郎状態です(笑)。

ーー安倍川中学校出身ということで「安倍川餅」はお好きですか?
安倍川餅は相当好きです! 中学生の頃は食べ盛りだったので、母がお餅を買ってきて安倍川餅風にしてよくお餅を食べていました(笑)。

▲安倍川餅の質問に笑みがこぼれる3選手



以上、会見の様子をお届けしました。新加入した村越選手の応援、よろしくお願いします。

 


協力


会場:スポーツダイニング THE SIX
https://thesix.co.jp/

AI検温モニタ:株式会社アースシフト
https://www.earth-shift.co.jp/