bleague.jp
MENU

ベルテックス静岡 プロバスケットボールチームVELTEX静岡

VELTEX SHIZUOKA

MENU
HOME > ニュース > 熱海市伊豆山土砂災害に伴う義援金贈呈のご報告

熱海市伊豆山土砂災害に伴う義援金贈呈のご報告


この度、令和3年7月の発生致しました、熱海市伊豆山土砂災害により被災されました皆さまには心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ベルテックス静岡では、県内でこのような災害が発生したことを受け、「県内のプロスポーツチームとして、何か力になれることはないか」と静岡県東部出身でもあるオフコートキャプテン#1大石慎之介選手の第一声により、今回クラウドファンディングというかたちで復興支援プロジェクトを実施致しました。

そして9月29日(木)に、齊藤 栄熱海市長を、株式会社VELTEXスポーツエンタープライズ 松永康太代表取締役社長、選手を代表いたしまして、加納誠也バイスキャプテン、大石慎之介オフコートキャプテンが訪問。
皆様よりお預かりいたしました義援金をお届けしました。

また、この場をお借りしまして、今もなお、現地の現場の最前線に立ち、捜索活動や復旧活動にあたられております皆さまの無事、そして、1日も早く安否不明者の方々が救出されますよう願っております。

義援金金額  1,070,000円(システム利用手数料・事務手数料を除いた金額)

代表取締役社長 松永康太


本日は貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございます。

今年7月3日に発生しました災害を受け、少しでもクラブとしても何かアクションを起こせないかと思い、微力ながら今回クラウドファンディングという形で皆様からの支援を集めさせていただき、皆様の思いを背負い本日熱海市へ訪問させていただきました。

実際私自身、テレビで流れている映像や、ニュースの記事を読むことでしか今回の被害を知ることはできませんが、県内のプロスポーツチームとして今回被害に遭われた皆様のお力になれればと心より願っております。
 

バイスキャプテン #41 加納誠也


僕たちは静岡を拠点にプロスポーツクラブとして活動している中で、今回県内での災害にて被害に遭われた方々の皆様のお力になれればと思い、この活動を実施しました。

現在、新型コロナウイルス感染拡大が心配されている中で、今回の災害を受け、身体や心に負った傷ははかり知れないと思います。
そこで僕たちに出来ることは、支援活動はもちろんのこと、実際に皆様にホームゲームへ足を運んでいただき、Bリーグが皆様にお届け出来る「非日常的空間」を肌で感じていただき、笑顔をお届け出来ればと願っております。

また、僕自身、本日初めてここ熱海を訪れましたが、一日も早い復興をお祈りすると共に、今度はプライベートでも熱海を訪れたいなと思いました。
まだまだ、乗り越えていかなければならない事が多くあるかと思いますが、共に乗り越えていきましょう。今後とも引き続きよろしくお願いいたします。
 

オフコートキャプテン #1 大石慎之介


僕自身、熱海市に親友や知り合いが多く住んでおり、災害発生当時、すぐに連絡を取りましたが、災害地より5分程の場所にいたとの話を聞きました。
「いつ」何が起こるか分からない中、また、コロナ禍で身体や心が落ち込んでいる社会情勢の中で災害の被害に遭われた方、また、熱海市在住の方や、この地に思い入れのある方にとっても、今回のニュースはとても苦しい思いをされてることと思います。

今回、誠に微力ではございますが、全国各地皆様よりお預かり増しました義援金を是非、ご活用いただければと存じます。

また、今回の様なクラウドファンディングだけでなく、僕たちは静岡県全体を「スポーツの力」で元気を届けていくことも大切なことだと思っています。
ですので、今後熱海市に住む子どもたちにも、スポーツの楽しさ、バスケの楽しさを伝えていくような活動も実施していけたら嬉しく思っておりますので、今後とも引き続きよろしくお願いいたします。
 

齊藤栄 熱海市長 お言葉


本日はようこそ熱海市へお越し下さいました。
今年7月3日の発災から3ヵ月が経とうとしております。これまで多いときは560名以上の現地の被災者の方がおり、発生当時は市内のホテルを被災場所としておりました。

今月で全員の方の次の移住先が決まり、今後は市営住宅や県営住宅、民間の住宅にて2年間、法律に基づいての生活が始まるという状況になっております。 しかしながら、まだ1名の方が行方不明の方がおりまして、捜索につきましては今後も引き続き行って参ります。

今後は、復旧・復興作業に取り掛かろうという状況であり、今後様々な移住先で生活を始められる被災者の皆様の生活の再建、そして、身体と心のケアも引き続き行って参りたいと思っております。

また、皆がバスケットボールを通じて今回ご支援を集めていただいた様に、「スポーツの力」は、人の心を動かし「感動」を与えるものだと信じております。本当にありがとうございました。

今回、皆様よりお預かりしました義援金に関しましては、しっかりと被災者の皆様にお届けをいたします。
 

   

今回ご協力をいただきました支援者の皆様

やんま~、株式会社さわらび、くろちゃん、ミーコ、トム、のぶ、山﨑伊佐子、JM、株式会社静岡総合警備保障、成岡由季子、奥瀬太莉、MOCHIZUKI Kazuya、松永浩江、池畑ゆかり、重野英博、大塚ぶどう園、小西禎展、株式会社ニート、松永  倫太朗 乙花 彩葉、相原雄治、furuhashi、さとじゅん、清水人、こう月、栗田智絵、ヒダリさん、近藤和隆、松田 由里菜、ゆっきー、ベル蔵、植野 博・大和、原たけし、sho、岡田由美子、Ran.、小坂井裕司、山﨑遼太郎、亀井正敏、大石真子、ながたきみの、中井、友永大智、tetsu、はな、SpeedSter_F(CrazyPink)、河合芳明、green、佐藤 将人 

※掲載はリターン時ご選択者様のみ、敬称略・順不同となります。他42名の方にご支援いただきました。

いよいよ今週、ベルテックス静岡は2021-22シーズン、10月2日(土)、3日(日)静岡市中央体育館にて開幕を迎えます。

ベルテックス静岡の3シーズン目、このような状況下ではございますが、まずはバスケットボールができることに感謝し、全56試合、誰一人かけることなく走り抜けたいと思っております。引き続きベルテックス静岡への熱いご声援よろしくお願いいたします。