bleague.jp
MENU

ベルテックス静岡 プロバスケットボールチームVELTEX静岡

VELTEX SHIZUOKA

MENU
HOME > ニュース > ベルテックス静岡が目指す バスケットボールスタイル 2022-23シーズンTeam building concept

ベルテックス静岡が目指す バスケットボールスタイル 2022-23シーズンTeam building concept

 

 

ベルテックス静岡が目指す
バスケットボールスタイル

2022-23シーズンTeam building concept

 

Bリーグが目指す方向性 “NEW B.LEAGUE構想”

持続的に成長し、関わるすべて人々を幸せにするために
B.LEAGUEが開幕して5年。リーグとクラブの事業規模は大きく成長しました。日本人選手初の1億円プレイヤーも誕生し、男子日本代表はワールドカップ、オリンピックに出場することができました。

一方で、B.LEAGUEが関わるすべての人々をより幸せにできる存在になるためには、クラブが地域活動に投資できる経営力をつけることが不可欠ですが、” NEW B. LEAGUE構想” により、クラブは長期的視野で成長のための投資を行うことが可能となりました。この構想は、アリーナ計画の推進につながるとともに、地域の活性化や社会課題の解決にも取り組みやすくもなります。

また、新B1ライセンスでは、売上基準が12億円に引き上げられるとともに(現行のB1は3億円)、新設アリーナ基準では、ハード(スイートルームなど)、ソフト(試合日設定など)の両面において、新たな基準が設けられています。

 

ベルテックス静岡が目指す方向性

すべては“静岡のために”、頂点を目指し続けます。
クラブ理念である、”スポーツで、日本一ワクワクする街”の実現のために。
ベルテックス静岡は、夢のアリーナを中心とした”スポーツで、日本一ワクワクする街づくり”を実現するために、2026-27シーズンからスタートする新B1リーグ参入に向け、クラブとして常に上のカテゴリーを目指し、魅力的かつ常に勝利にコミットできるチームを編成します。

 

2022-23シーズン ベルテックス静岡のチーム目標

”B2昇格”にコミットメントします。
私たちは、過去3シーズン培ってきた幾多の失敗や成功、経験を活かしきり、私たちはB2リーグに昇格するためのチームを作ります。
 

2021-22シーズンの振り返り/ ベルテックス静岡の特筆すべきポイント

■ポジティブ
1、総失点数の少なさ(総失点数:74.4点・リーグ2位)
2、ディフェンスレーティングの低さ(DRtg:90.3・リーグ2位)
 ※DRtg(ディフェンスレーティング):ディフェンス強度を示す指標。
  この数値が低いと、一回の攻撃において、得点を取られる確率が低いことを示します。
3、観客を魅了するファーストブレイク
 
■ネガティブ(課題)
1、シュート確率の不安定さ
2、リバウンド力の弱さ(平均リバウンド総数:40.8本・リーグ6位)

 

総括

シーズンを通じて、リーグ屈指のディフェンスを構築することができました。しかし、リーグ6位のリバウンド力など、ディフェンスにはまだまだ改善の余地があります。またオフェンス面では、勝ち試合、負け試合でのシュート確率の差が大きいことなど、課題が残ります。

まずはリバウンド力を強化し、ディフェンスのクオリティをさらに上げていきます。そしてチームでボールをシェアし、よりシュート確率の確度の高いオフェンスを構築します。
 
 

2022-23シーズン チームビルディングの方向性

私たちのスタイルにより磨きをかけます。
2021-22シーズン後半戦に型となった、”ベルテックス静岡らしいバスケットボールスタイル”に磨きをかけ、さらにそのスタイルを昇華させるために、継続性を重視し、ファクンド・ミュラーHCと3シーズン目となる契約を締結しました。

 

ベルテックス静岡のバスケットボールスタイルとは。私たちが定義するワクワクするバスケットボールの定義とは。

”超攻撃的”チームディフェンス
攻撃的なディフェンスを仕掛け、トランジションゲームに持ち込み、ファーストブレイクでイージーなバスケットを量産します。
 
私たちの目指す”超攻撃的”チームディフェンス/ ベルテックス静岡のバスケットボールスタイルを実現するための3つのポイントとは。
 
1、チームプレイ:個ではなく集団で戦う
2、ハードワーク:高いインテンシティを維持する
3、リバウンド:ディフェンスはリバウンドを獲得して終了する
 
上記を兼ね備え、下記を遂行できる選手でチームを構成します。

 

TEAM IDENTITY

選手・スタッフは常に下記のマインドを持ち、新シーズン以降戦い続けます。

<チーム>
1、Challenge Ourselves:常にチャレンジャー精神を持ち続ける
2、Hard Work:一生懸命努力する
3、No Excuses:言い訳をしない
4、Positive Mind:常に前向きに考える
5、Daily Habit:正しい習慣を身につける
6、Right Preparation:正しい準備をする
7、Work Ethic:さらにもう一歩努力する

<選手>
1、Passion:情熱
2、Courage:勇気
3、Humility:謙虚
4、Respect:リスペクト
5、Camaraderie:仲間意識
 

ベルテックス静岡
ゼネラルマネージャー 松永康太